遺伝子美容

先天的な体質は遺伝子で決まる。

遺伝子はあなた自身の設計図

この世のすべての生命は「遺伝子(DNA)」という設計図により作られています。
その設計図に使われる文字は、世界共通のたった4文字「A,T,G,C」に限定されていますが、4文字のみを使って描かれたヒトの設計図は、なんと30億文字以上もの長さになるといわれています。
ヒト同士であれば、たとえ人種が異なっても設計図の99.9%は同じになります。
0.1%のわずかな違いが髪の色や目の色の違いに表れるのです。


■例えば、同じ量のケーキを食べていても、代謝できる糖質の量は人によって違います。
遺伝子美容 たとえ生活習慣が同じでも、遺伝子に違いがあれば先天的な体質も違い、プロポーションやエイジングの進み方にも違いが表れてきます。

遺伝子検査とは

レイテノールで採用している遺伝子検査は、エステプロラボ社の「DNA PRO. EXAMINATION KIT」です。
こちらの検査では、「代謝・肥満リスク検査」「美容エイジング検査」という2種類のDNA検査を実施します。
分析対象になる遺伝子は、各検査につき3つずつ、合計6つの遺伝子となり、それぞれの遺伝子にSNP(スニップ)と呼ばれる文字の変異がないかを分析します。
脂質代謝リスク型 体に蓄えられた皮下脂肪は、体温を維持するためのエネルギー源として利用されます。
UCP1は、この体温維持のために、脂肪組織に置ける熱産生に関与しているタンパク質です。
体内ではUCP1が活性化されることで、効率的に熱としてエネルギーが消費されるため、体脂肪を減少させる事になります。
糖質代謝リスク型 体に蓄えられた脂肪の分解には、脂肪分解の指令を受け取る「レセプター(受容体)」の働きが重要であり、β3-ARはこの重要なレセプターとなります。
主に脂肪細胞の特に内臓脂肪に多く分布し、脂肪の分解や熱産生に関与。
レセプターの感受性が脂肪の分解効率に影響を与えます。

エネルギー消費リスク型 体内活動を行うためにはエネルギーが消費されますが、このエネルギーの産生には原材料となる栄養素が必要です。
β2-ARは、主に心臓、骨格筋、気管支平滑筋、脂肪細胞に存在しており、生体のエネルギー産生・消費の指令により栄養素を消費したり、エネルギー消費効率に栄養を与えます。
コラーゲン分解リスク型 コラーゲンは、真皮、靭帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質のひとつで、細胞外基質の主成分ですが、MMPは、このコラーゲンの分解にかかわる酵素の一群で、細胞外マトリックス(細胞と細胞の空間を充填する部室)の再構築、分解に関与しています。
MMP1は、1型~3型のコラーゲンを分解する機能を有しています。
活性酸素リスク型 活性酸素の代表スーパーオキシドを分解する、参加ストレス防御酵素です。
生命活動のためのエネルギーは、呼吸から体内に取り込まれた酸素を必要としますが、この過程でも活性酸素が生じてしまいます。活性酸素は、細胞にダメージを与えたり老化の原因となりますが、SOD2は、細胞内の活性酸素を分解する機能を有しています。

過酸化脂質リスク型 過酸化脂質は、参加された物質の総称で、身体にとって有害となる物質です。
体内で発生した過酸化脂質は、細胞の中で新たに活性酸素等を作り、更に過酸化脂質を発生させてしまい、細胞に強いダメージを与えます。
GPX1は、生体内で生成される活性酸素を除去する機能を有しています。
遺伝子検査とは
遺伝子分析を行う事によって、効率的な痩身メニュー、気をつけるべき生活習慣、食事の順番など理想的なプロポーションへ導くアドバイスを行います。
また、気をつけるべきお肌のエイジングケアについても分かりやすく解析されています。
遺伝子検査とは
エステサロンの予約はコチラ

藤沢 エステ レイテノール

痩身メニューのこだわり

痩身メニューのこだわり

キャビテーション

フェイシャル&ボディー用美容マシン。
脂肪を乳化させ脂肪細胞の数自体を減らす「切らない脂肪吸引」といわれるマシン。

痩身メニューのこだわり

痩身メニューのこだわり

ラジオ波マシン

フェイシャル&ボディー専用美容マシン。
吸引しながらラジオ波を照射する為お肌の深部まで効果を発揮。

痩身メニューのこだわり

痩身メニューのこだわり

遺伝子美容

生まれ持った遺伝子情報から潜在的なリスクを測定。
最も効率的な痩せ方やエイジングケアの注意点など具体的に測定します。

痩身メニューのこだわり