ドクターリセラサロン土橋奈津子ブログ

 

お問い合わせ・ご予約

0120-189-440

コンタクトフォームはこちらから

結果重視のレイテノール3つのポイント 結果重視のレイテノール3つのポイント
酵素について勉強会

2012年04月23日

酵素について勉強会

こんにちは。
レイテノールの土橋です。

エステプロラボ

先週は慌ただしくてブログの更新が全然できませんでした。
5月からのレイテノール恒例の痩身キャンペーンである『スリムアップ大作戦』の練習や実験?など毎日試行錯誤で、今年は結果にこだわって、お客様が結果にご満足して頂ける内容にしていこうと詳細を詰めているところです。

機械の扱いについてもちょっとした事で結果に影響がありますので、色々試してます。

どうぞお楽しみにしていて下さいませ!

先週は、ハーブティーでおなじみのエステプロラボの花塚さんに来店して頂き、酵素の勉強会をして頂きました!

最近、私の注目美容成分です!

今日は花塚さんに教えて頂いた事を皆様に発表させて頂きたいと思います。
では、一緒に勉強しましょう!

酵素の基礎知識

現在、日本には様々なダイエット方法があると認知されていると思いますが、大きく分けて以下の3つに分類出来ると思います。

①、現在の日本でメジャーなダイエット方法。

1、カロリー計算によるダイエット
日本ではもっともメジャーで広く認知されているダイエット方法ですね。
摂取カロリーを減らし、消費カロリーを増やす方法です。
具体的には、
(1)代替食品による置き換えダイエット
(2)食事制限、運動によるダイエット
(3)燃焼系食品によるダイエット
(4)カット系食品によるダイエット

2、酵素ダイエット
アメリカ発祥の酵素栄養学を元に発展。
「植物酵素」食品の摂取により「消化酵素」をサポートし、浪費を防ぎ「代謝酵素」がしっかり働く事の出来る環境を作ります。
具体的には、
「食品酵素」の摂取による機能サポートダイエット

3、腸内環境サポートダイエット
腸内環境を整え便通を改善するダイエット
腸内細菌学を元に、乳酸菌、ビフィズス菌、食物繊維、ハーブなどにより腸内環境を整え便通改善をサポートするダイエット

やはりカロリー計算によるダイエットが最も広く認知されていますよね。

美容外科やエステサロンの美容マシンを使ったダイエットもあると思いますが、今回はそれは置いといて、2の酵素ダイエットをフォーカスしていきます。

まずは酵素についての定義を。

まず、酵素とは…。

(1)生物が生きていくのに欠かせない栄養素のひとつ。

(2)動物や植物といったあらゆる生命体の体内で起こっている様々な生物的化学反応をスムーズに進める働きをするタンパク質的高分子物質。

(3)もし酵素が無ければ人間も動植物も生きる事は出来ません。

(4)最低でも1000万時間、最高だと天文学的な時間のかかる通常の化学反応をわずか1時間で済ませてしまうほどの処理速度を誇る物質。

という事です。

人間の体内に存在する酵素は3000種類以上と言われており、酵素はそれぞれに働く場所と役割が決まっていて、一つの酵素には一つの働きしか出来ないのです。

(例)
食べたものを消化吸収する酵素
細胞の新陳代謝に不可欠な働きをする酵素
毒素を排泄する酵素
心臓を規則正しく動かしてくれる酵素
血液がサラサラにながれるようにする酵素
肝臓でアルコールを分解する酵素
etc

酵素は、人間に必要な栄養素(炭水化物、タンパク質、脂肪、ビタミン、ミネラル等)の働きが正常に働く為に必要な物質で、酵素なしにはこれらの栄養素も十分に正しく働く事が出来ません。

ですので、酵素はとっても重要な栄養素と言われています。

酵素の特徴

①地球上すべての生物の体内に存在します。
酵素は生きている生物だけに存在します。
酵素が無ければどんな生物も生きていく事が出来ません。

②体内に存在する酵素の種類
消化酵素と代謝酵素に分けられます。
消化酵素だけでも24種類あり、動脈内にある酵素は98種類にも及びます。

③一つの酵素は一つの働きしか出来ない。
消化酵素のひとつ「アミラーゼ」はデンプンしか分解しません。このようにそれぞれの酵素には役割が決まっている。

④一生で生産出来る総量は決まっています。
年齢と共にその生産能力は低下していってしまいます。
人間は150歳まで生きる事の出来る酵素の量を生産出来ると言われています。

⑤熱に弱い
48度で壊れ始め、60度になると活性しなくなると言われています。
加熱した食べ物や加工食品には酵素は存在しません。

⑥37度~40度でもっとも活発に働く
体温が低下すると酵素の働きも低下してしまいます。

⑦加齢と共に減少していきます。
若い人の「アミラーゼ」は老人に比べ30倍も多いというデータがあります。

⑧足りなくなった分は口から摂取出来ます。
非加熱食品。発酵食品。酵素ドリンクやサプリ。
食べ物に含まれる酵素を「食物酵素」と言います。

酵素の種類

酵素は元々体内に存在する「潜在酵素」食事から取り入れる「食物酵素」があります。
「潜在酵素」は「消化酵素」「代謝酵素」に分けられます。
酵素の種類

消化酵素と代謝酵素のバランス

潜在酵素の量は決まっています。
その中でそれぞれの人の生活環境から「消化酵素」「代謝酵素」の配分が違ってくるのです。

大切なのは、無駄な消化酵素を使わない事。

加熱食品や酵素の無い甘いお菓子、加工食品、添加物など消化にエネルギーが必要なものを摂取する食生活を送っていると消化酵素ばかり使ってしまい、本来代謝酵素として使うべき酵素が足りず、新陳代謝がスムーズに行われず、身体はどんどん脂肪を貯え肥満体質になってしまいます。

一方、発酵食品や酵素サプリなど日々摂取している食生活を行っている人は、消化が順調に行われ、余った酵素は代謝酵素として働く為、代謝がスムーズになって痩せやすい体質になります。

酵素の重要性

消化酵素と代謝酵素のバランスも大切ですが、体の外から取り入れる「食物酵素」の存在も重要です。

加齢と共に潜在酵素の量は減っていってしまいます。

若いころと同じような食生活を送っていると潜在酵素の量は減っているのに、消化酵素に使われる量は変わらず…ですと代謝へ使われる酵素は知らず知らずのうちに少なくなってしまっているのです。

発酵食品

思い当る方は、是非食事の際に食物酵素(=発酵食品、生鮮食品、酵素ドリンクなど)を一緒に取り入れる工夫をしましょう。

食物酵素を補給する事により、無駄な消化酵素を使用せずに済みます。

最後に、酵素にも質があります。

酵素の質

質の良い活性力の高い酵素は、長年の経験と研究の結果から60日で作られたものが最も良いと言われています。

現在市場に出回っている酵素の中には、長期熟成と称して180日以上の長い時間をかけて作られているものもあるそうですが、熟成が長いと成分がアミノ酸となってしまい、美味しくはなるが活性力が弱くなってしまうそうです。

また市販されている酵素ドリンクなどの酵素の配合量などは全体の50%前後のものが多いというお話です。

今回講師に来て頂いたエステプロラボさんから5月に発売される酵素ドリンクは、材料を厳選し、なんと98%がその厳選された酵素という本当に酵素にこだわった酵素ドリンクだそうです。

私達も試飲させて頂きましたが、酵素の独特なクセも無く美味しく頂けました。

今回勉強させて頂いて、酵素の重要性を理解したので、発売が楽しみです♪

酵素についてご理解頂けましたでしょうか?

若いころに比べて…と思っていた私は思い当たる節が沢山あって酵素も試してみようかなと思っております。

是非皆さまも健康的に美しい生活を送って、いつまでもスリムな若々しい体型で美しいお肌を保って下さいね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

▼興味のある方こちらもどうぞ▼

美容ブログ アンチエイジング

美容ブログランキング

 


The following two tabs change content below.

土橋 奈津子

レイテノール オーナー
レイテノールサロンHP 1964年北海道札幌市出身。40歳を過ぎた頃からお肌の悩みが増えて色々な化粧品を試してみたりエステサロンに通ったけれども親身になって相談に乗ってくれる人が誰もいない。 美容の真実を知りたくて猛勉強。誰もいないなら自分が…と2008年にマンションの一室でエステサロン開業。多くのお客様に支持をして頂き、2010年3月に藤沢駅前にサロンを移転。 「私の悩みはみんなの悩み」をモットーに等身大のサロンを運営中♪

月間人気記事

LINE@でお問い合わせ!

LINE@ QRコード

お肌の相談・予約はLINE@でどうぞ!
こちらからメールでのお問い合わせも可能です。